ダイエットジムの食事制限

ダイエットを行うにあたってジムに通うという方法が特に効率が良い運動ができるとして人気です。ジムに通うことでストレス発散にもなりますよね。ダイエットは辛いものというイメージも大きいかもしれませんがジムに通えばダイエットが楽しくなりそうです。ダイエットにうってつけな運動器具もそろっていますし、なによりモチベーションを保つことができますよね。一人でダイエットを頑張っていてもなかなか結果につながらなかったりしんどいだけで楽しくないので、すぐにダイエットをやめてしまうというケースが多いんです。

 

自由に好きな物も食べたくなってくるし・・・

 

 

でもダイエットジムならダイエットや運動、健康を目的とした意識の高い方々が通っていらっしゃるので周りを見ることでモチベーションを保つことができます。そしてダイエットジムに通うだけでなく食事制限もダイエットについて大切なこととなるのですが、インストラクターの方に相談にのってもらったりアドバイスをもらうことができますよね。それからジムで同じダイエット仲間ができたら情報を交換することができますね。楽しみながら痩せましょう。

ライザップの食事法

ライザップの食事法はこのように記載されています。
”肉も魚も食べられる!
おいしく「3食 食べて痩せる」を叶える食事管理法”

 

辛い食維持制限をすることでストレスがたまり反対に太ってしまうとも言われています。
ダイエットを行うことを考えた時、激しい運動以上に食事制限って堪えます。

 

その点も踏まえて、
食生活を無理なく「自分のカラダにとって正しいスタイル」にすることが必要だと言います。糖質制限ではなく「健康な食生活をしてもらう」のが目的となっています
。そのために、低糖質食事法の知識をしっかり備えた専任トレーナーにより、食事を“制限”するのではなく“選んで食べる”ことが習慣となるような指導を行います。

 

 

これを見た時、鍋もタンドリーチキンも食べていいんだ〜と思ったはずです。

 

 

  • 専任トレーナーが2カ月間の朝昼晩、合計180食の食事をサポート
  • トレーナーへの食事報告を簡単に行える
  • グラフ、カレンダーで、食事や体の状況、達成度が一目瞭然
  • 入会者限定!「食事ガイドライン」が貰える
  • ファミマやヒザハットとのコラボ食事もある
  • 焼酎やウイスキーなど、低糖質のものなら飲んでもOK
  • コンビニやスーパーのお惣菜も、工夫次第で食べることができる
  • 飲み会で食べるものもサポートして貰える

 

自分一人で食事制限を行うと難しいけど、実際にライザップなどのプライベートジムに通うことで、飲み会にも行けるし、アルコールも飲める、コンビニやお惣菜でもOKとなります。正しい食べ方をしっかり身に着けることができればプライベートジムを卒業した後も、食べても大丈夫な物やちょっと気を付けた方がいい食べ物などもわかりますね。

 

ライザップ公式サイトで食事の知識を確認

 

24/7ワークアウトの食事法

ライザップに負けず劣らず人気の24/7ワークアウトの公式サイトにこう記載されています。

 

 

24/7ワークアウトも3食食べて痩せれるダイエットとなっています。
3食きっちり食べて痩せれる方法をしっかり学ぶことが出来るので食事に関してのストレスはかからないと考えられます。

 

もちろん暴飲暴食はやケーキだけだべるなど極端な食事はNGでしょうが、ある程度しっかり食べられます。
こちらがワークアウトの食事例となります。

 

 

白米、パスタと言った糖質や大福、ケーキなども食べていいんです。
鍋ややきとり、肉も食べられます。
ただ、全員が同じ食事をするわけではないので、ダイエット時の食事に関して不安な場合は契約する前のカウンセリングでしっかり納得できるまで確認しておきましょう。カウンセリング時もただ漠然と痩せたいだけでなく、そんな風になりたいなど具体的な例があるとわかりやすいでしょうね。

 

⇒ワークアウト公式サイトでサポートを確認

 

筋肉を付けたいときの食事

筋肉を付けたいときの食事はどのようにするとよいのかというと、低脂肪のタンパク質中心の食事をすることです。脂肪が少なくてタンパク質が多いのは、鶏肉、卵白、プロテインなどなので、これらを中心に、バランス良く食事をすることです。筋肉の発達には炭水化物も必要なので、しつかり摂ることです。筋肉を増やすには、体を維持するための栄養が必須ですが、筋肉を増やすための栄養が必要になります。そのためには、カロリーを多目にとる必要があり、主食である炭水化物はとても重要です。筋肉を作るにはビタミン群も大事で、特にビタミンB6がオススメです。タンパク質だけを身体の中に取り入れても筋肉への効果はないので、ビタミンB6を積極的に摂りましょう。摂ることでタンパク質を分解し、アミノ酸に変化させてくれます。筋トレによる筋肉痛を和らげる効果もあるので、運動後にはタンパク質とビタミンB6を意識して取るようにすることです。筋肉を付けたいなら、とにかく毎日、規則正しく3食食べることです。間食する場合は、糖質を含むバナナや、タンパク質が豊富なチーズがおすすめです。運動後にタンパク質を多く摂るとよく、寝る前にタンパク質を摂ると、成長ホルモンが筋肉を成長させてくれます。

痩せたいときの食事

痩せたいときの食事はどうすればいいのでしょう。痩せたいけど、しっかり食事をしたいという人もいるでしょう。痩せたいけど食べたいというのは理に適っていませんが、ダイエット中は飢餓感に襲われます。ダイエット中は食事制限されることになるので、食べたい感情が余計に出てきます。痩せたいときの食事は、できるだけ薄味にすることです。サラダ自体にはあまりカロリーはありませんが、ドレッシングは高カロリーです。痩せたいなら野菜にドレッシングはかけないでことです。魚などは醤油をつけずに食べるようにします。醤油は塩分量が多いので、ダイエットのためには、塩分は控える必要があります。特にマヨネーズはカロリーが高いので、ダイエット中はNGです。マヨネーズが入っているパンや、マヨネーズで味付けしてあるサラダは買わないようにすることです。痩せたいときの食事は、とにかくしっかり噛んで食べることです。よく噛んで食べると、唾液がいっぱい分泌されるので消化しやすくなり、満腹感が出てきます。よく噛むことで食事をゆっくりすることになり、満腹中枢が刺激されます。アゴを動かしているうちに、満腹を感じやすくなり、食事の量が少なくて済みます。

 

 

女性のボディメイクはジム選びが重要